日本の第2の高度成長という浪漫を具現化するブログ

日本オリジナルの教育「N-tech」という新しい教育産業から第2の高度成長へ

未来と過去と

こんにちは。
第2の高度成長という浪漫を具現化するshibuです。
 
第2の高度成長という浪漫の具現化を目指すこのブログ
今年は渋沢栄一のように世の中がより繁栄するために必要な価値と
その価値を創造する組織づくりに着手し、テクノロジーが進化するこれからの
世の中に少しでも貢献できるように頑張りたいと思っています。
 
今思うとよくここまで来たと思います。
 
以前の記事にもありますが
そもそも私は中学校入学とともに大きな転機を迎えました。
 
小学校時代は転校を3回しても友達つくりに苦労せず
学校が毎日楽しかった。そんな自分が中学校に入ると
同じクラスに知り合いが誰一人いなかったこと、思春期に入り
いじめられたらどうしよう、暴力されたらどうしようなどの
自分の中から出てくる考えや、それに対する不安や恐怖につかまれて
今ここに存在するだけでも苦しくてしょうがありませんでした。
 
今ここ存在することだけで苦しくなるけど
誰にも言うことができず、この自分の中から生まれてくる
いじめられる、非難される、暴力されるという考えや
そういうことが起こるかもしれない不安や恐怖。
その考え、感情がシャワーのように生まれてきては心をむしばむ。
 
思春期だから、年齢を重ねればなくなるだろう。
一度自分の中で反復して生まれた考え、感情は中々消えず
 
誰かに相談したらスッキリはするしすごく助かったけど
根本的な解決にはならず
 
心理学などを読んでみても
いまいちピンとこない
 
そして侍の世界にあこがれ、武士道などを読むが
自分のこの問題には解決策にならず。
 
まわりからみたら、そんなに悩んでるようには見えないし
行動的に見えるけど、中身はグチャグチャ。考え、感情が支配する。
 
もうそんな生き方、在り方が当たり前なのか。
あきらめや絶望を感じていた時に出逢ったのが
「観点の問題」という問題意識と
それを解決する新しい教育であるn-techでした。
 
そのn-techを学んだ時に
この現実の複雑が究極なシンプルから生まれるメカニズムを知り
人がなぜ自分が創ったはずの考え感情に支配されてしまうかを理解しました。
 
と同時に
自分がずっと思い悩んでいた、止まらない考え、不安や恐怖というものへの
囚われが、おさまっていきました。
 
それだけでなく、その世界は私が元々大好きだったサムライが求めた究極の世界とも
繋がっていた。
 
そして今私が住む日本の素晴らしさ、日本のこれからの可能性を目覚めさせてくれました。
特にこれからの時代の日本の奥深い価値や可能性に気づかせてくれたのは
韓国人であるNoh jesuの存在でした。
 
テクノロジーが進化し、人間自身の在り方が問われ始める時代の中で
「観点の問題」というのを問題提起し、そこを突破する。
解決することにより起きる人間の尊厳の回復と、人と人とが協力しあえる
希望ある共同体を創る事。これこそが自分が本当に取り組みたいということと
気づきました。そこを目指すときの旗印としてのビジョンが
第2の高度成長というものだったのです。
 
ちょっとまとまってないかなと思うのと
まだ伝えたいことがあるなと思いますが、とりあえず投稿していますw
 
もし自分と同じことで悩みを持っている方
自分が納得できる使命を仲間とやってみたいと思う方
 
是非お話しましょう。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!

BS1スペシャル「“衝撃の書”が語る人類の未来」を見て

こんにちは。
第2の高度成長という浪漫を具現化するshibuです。
 
正月の三が日に観たものシリーズその②
 
BS1スペシャル「衝撃の書が語る人類の未来」
この番組を見て気づいたことをつらつらと書いていこうと思います。
 
全世界で1000万部を超えた「サピエンス全史」。そして新作「ホモ・デウス
その著書であるユヴァル・ノア・ハラリへの独占インタビューをした番組。
 
正直スケールの大きな話で、一度見ただけでは追いつていかないのが正直。
ただその中で印象に残っているのは、テクノロジーの物凄い進化。
 
例えばそれはAIであったり、ロボット、ナノテクノロジーが今まで想像も
できなかったことを可能にするもの。
 
具体的なことをひとついえば、番組の中でも紹介されていた
中国で遺伝子操作をした赤ちゃんが生まれたというニュース。
今まで多くのテクノロジーが登場し、その活用によって
物質的には過去に考えられないほど便利になった。
 
ただ、今回の遺伝子操作をした赤ちゃんができてしまったりというのは
今まで人間が踏み込めなかった領域にきてしまったことを痛感する。
 
紹介した記事の中でも、番組の中でも伝えていたけど
最初は健康的な目的で操作が行われ、その後デザイナーベビーへ向かう。
そしてそれが可能なのは、経済的に可能な人だけ。
そこにまた格差が生まれるのではないかと。
 
それらの情報、テクノロジーからどんなことが起きるのか?
考えれば考えるほど、今までにない大きな変化がくるのだなと
その変化の大きさに呆然としてしまいます。
しかしこの流れはもう止められないなと思います。
 
進化、深化を続ける最先端のテクノロジー
基本的にそれらは西洋発のものです。
 
それらを別の表現とするなら、今あるものをよりよく、変化を加えていく外向きの
テクノロジーとも言えるかなと思います。
 
私はその流れに加えて東洋的な価値も必ず必要になると思います。
東洋的な価値。それは今あるものの意味、価値をバージョンアップさせる内向きのもの。
 
そうとらえると、東洋の国でありながら、近代化をなしとげた
日本の役割というのは、実は大きなものがあると思います。
 
そのキーワード
 
それが
 
「観点」です。
 
もし興味がある方いればお話ししましょー!

平成ネット史(仮)

こんにちは。
第2の高度成長という浪漫を具現化するshibuです。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて

 

正月三が日はNHKのドキュメンタリーやドラマ等が面白かったなと感じました。

そのうちのひとつが

平成ネット史(仮)

www4.nhk.or.jp

 

タイトルそのまんまで平成のネット史を振り返る番組だったけど

自分の青春時代と繋がったのが多くてめっちゃ懐かしくて面白かった。

 

ポケベル(自分は持ったことない)や携帯電話の進化の歴史。

着メロや絵文字、センター問い合わせ。そこからiPhoneの登場。

インターネットではWisdows95の発売や2ちゃんねるSNSの登場などなど。

 

特に携帯電話の進化の歴史が懐かしすぎて面白かったw

ただこれは消費者としての目線、観点だなと思う。

 

経済的な観点で見たとき、平成ネット史で重要な役割を担う

グーグル、アップル、アマゾン、フェイスブック(今話題のGAFA)

マイクロソフトなどはすべてアメリカの会社。

今の世界の時価総額のトップがこのネット史に絡んでくる。

日本から見た平成という時代の中で、アメリカのIT企業が経済の中心だったんだなとあらためて感じました。

今話題の落合陽一さんやホリエモンも出演していて、とっても面白い番組です。再放送もあるみたいなので気になる方は是非!

 

番組の公式ツイッターで出てた再放送日程
1月12日(土)
【前編】午後2時〜3時
【後編】午後3時〜4時

正しい問題意識とビジョン

こんにちは。
第2の高度成長という浪漫を具現化するshibuです。
 
以前も書いた気がしますが
最近も自分のエネルギーを大きく投入できるような
ビジョンが欲しい。という若者と話をする機会がありました。
 
では今の時代に、自分自身が本当にこれやりたい!と
思えるものをどうやってみつけるのでしょうか?
 
そのヒントは正しい問題意識にあります。
 
私は思春期、特に中学時代になってから
特に何かされたわけでもないのに
そこに存在するだけで不安だったり恐怖が
出てきてそこに縛られとても苦労していました。
 
ただ、周りにはそんな風に感じていることを悟られたくはないので
察知されないように日々過ごしていました。
周りからみたら部活もやっていて、友達もいて、普通に学生生活を
送っているように見えますが、自分の中身は感情への縛られがひどく
苦労していました。
 
そこから進学するごとに、やはり将来何をやりたいか?を
考える時期がやってきます。
 
その時にでてきたものは
自分のエネルギーを大きく投入できるようなビジョンに出逢いたい
そう思っていました。
 
しかし
 
そんな大きなビジョンに出逢いたいといいながらも見つからず
さらに自分の内面は相変わらず不安や恐怖という感情に縛られたまま。
 
ある意味エンジンとブレーキを同時に踏んでいるような状況でした。
 
そんな中でであったのが
自分の不安や恐怖などの感情はどこからくるのか?
なぜ縛られてしまうのか?
 
という
 
正しい問題意識との出逢い
 
そして
 
それを解決する全く新しい教育コンテンツとの出逢いでした。
 
その2つと出逢うことで
 
自分が本当にエネルギーを投入して勝負したい!
そう思えるビジョンとも出逢えたです。
 
もし
 
以前の私と同じような状況にあるかたがいましたら
連絡をください。
 
今あなたが抱えているその悩みの本当の根本的な問題の原因をしることが
実は、大きなビジョンにも繋がっているのです。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!

渋沢資料館へ行ってきた②

こんにちは。
第2の高度成長という浪漫を具現化するshibuです。
 
渋沢資料館へ行ってきたの2回目です。
前回はこちらから
 
さて前回も少し触れましたが渋沢資料館には渋沢栄一の生きた時代や業績などを
9つのテーマに分けて展示しています。
 
渋沢資料館でもらえるパンフレットから抜粋すると
①郷里にて
幕臣となる
③維新政府の一員に
④実業界を築く
⑤民間外交を担う
⑥社会、公共事業を推進
⑦栄一と家族たち
⑧手紙にみる幅広い交流
⑨91年の生涯を終えて
 
という9つ。それぞれのテーマの説明と当時の資料の現物や写しが展示してあり
渋沢栄一の生涯とその業績などをあらためて知ることができるようになっています。

f:id:create_the_future:20181206210737j:plain

私は渋沢栄一に関する本を何冊か読んでいたこともあり、その生涯や業績は知っていました。それでも当時の資料やその写しなどを目にすると、知っていたことが立体的に見えてきて本当に行ってよかったです。
 
今回渋沢資料館へ行って一番印象に残ったことがあります。
 
それは
 
渋沢栄一の業績のイメージが変わったこと。
 
具体的に言うのであれば
 
今までは
日本資本主義の父であり500を超える企業の設立に関わった人物
たくさんの企業を創った人物
 
それが
 
資料館へ行って
結果的にたくさんの企業の設立に関わったが
とても大きな視点で合本主義、資本主義、株式会社組織を日本に創り
豊かにしようとした。
 
別の例えをするならば
 
今までは
既存の海の中で生きるお魚のイメージ
 
資料館へ行って
新しい海を創っていく
 
というもの。
 
この2つの違いはポジションの違いですね。
今ある海の中でその秩序の中で何かを創るポジションなのか。
それともまったく新しい価値、システムという大きな視点を持ったポジションなのか?
 
特に第一国立銀行に関する展示があったのですが
その展示を見たときに、今までの日本の経済ではないまったく新しい
経済システムを創ろうとしてたんだとイメージがかわりました。
 
第一国立銀行という日本初の近代的銀行をなぜ創り、どうしたかったのか?
数々の企業を設立しましたが、その設立した先にどんな日本を想像していたのか?
9つの展示が持っていた疑問に関する自分なりの結論を導く形になり
イメージが大きく変わりました。
 
元々尊敬していた人物でしたが、それがより一層深まりました。
もっと他にも深めたいことが整理出来たら記事にしようと思います。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!

渋沢資料館へ行ってきた①

こんにちは。
第2の高度成長という浪漫を具現化するshibuです。
 
先日友人と東京都北区にある渋沢資料館に行ってきました!
私は渋沢栄一が好きなので以前から行きたいと思っていましたが、友人が行くと聞いたので一緒にお供することに(笑)

f:id:create_the_future:20181203174535j:plain

 
ではそもそも渋沢栄一とは何者か?
1840年現在の埼玉県深谷市に生まれたということで、幕末から明治、大正、昭和初期に生きた人物です。
 
そんな渋沢栄一は「日本資本主義の父」と言われており、現在のみずほ銀行にあたる第一国立銀行東京瓦斯東京海上火災保険、帝国ホテル、キリンビールなど500以上の企業の設立に携わりました。
 
それだけでなく、教育や社会福祉、民間が移行にも力を入れるなど、今の日本経済の礎を創ったと言える人物です。幕末に活躍した人物や明治維新の功労者などと比べると日本における知名度というのは低いかなと思いますが、もっと注目されていよい人物ではないかと思います。
 
さてそんな渋沢資料館。
渋沢栄一の生涯を9つに分けてその時代の資料とともに展示してありました。
さらに渋沢栄一を詳しく知らない人でもわかるように映像が流れているスペースもあるのでこれを機会に知りたいという人でもお勧めの場所です。
 
渋沢栄一が幕末~明治維新という日本が近代化に向けて動き出す時代に生きた人物なのでこの時代を好きな人でも、こんな人物がいたのか!とあらたな発見があるかなと思います。
 
今日はこんなところで。
次回また参加してみての気づきなど書いてこうと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました!
 

感情の縛りから自由になるための問題意識とは?

こんにちは。
第2の高度成長という浪漫を具現化するshibuです。

 

最近あらためて「観点」と「観点の問題」について

自分自身とつなげて探究をしています。

 

探究すればするほど見えてくるのが、「観点の問題」が引き起こす

色々な問題には涙しかないなと思うのと同時に、この問題を解決すること

大きな価値を持つということです。

 

私自身は、無意識に生まれる恐怖や不安という感情に凄く苦労してきました。

過去のブログにも書きましたが

特に中学校時代から、常に誰かに否定、非難、暴力などふるわれるのではないか?

そんな思いから、恐怖や不安が勝手に自分の中であふれかえって縛られてしまうこと。

 

感情に縛られながらも普通に生活はできますが

どこかスッキリしない毎日。

でもどうすればよいかわからない、シャワーのように生まれてくる感情に

何もなすすべがない。そんな状態でした。

 

もちろん今でも人間ですので、ふと恐怖や不安という感情はでますが

そこにいつまでも縛られているというのはかなり少なくなりました。

そのおかげで、恐怖や不安が壁となっていてできなかったチャレンジや

人間関係というのもかなり良くなったなと思います。

 

そして「観点」というものを深めれば深めるほど

私自身の個人だけでなく、その環境に当たる日本の涙、特徴というのも

感じることができました。

 

この「観点の問題」という問題意識。

これが本当に今の時代に解決しなければいけない問題意識だ。

そうなればいいし、私自身もそこにむけて動いています。

 

「観点」のことについてわかりやすく書かれている本があるので

ご紹介して今日は終わろうと思います。

www.youtube.com